鑑別所としての役割

2014.9.10|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

未成年者が犯罪を犯した時に懲役に服す場合、通常少年院と呼ばれる施設へ送られます。そこで、社会復帰のために様々な措置が取られています。そんな少年院ですが、そこへ行き着く前に鑑別所と呼ばれる場所があります。鑑別所とは鑑別措置を取られた未成年者が行われる措置です。

 

鑑別所には三種類の方法があります。ひとつめは少年鑑別所装置を取られた少年に対して行われる措置です。収容鑑別には、身体検査と心理検査と精神科医による検診と面談と行動観察などが行われます。その少年がどの様な人物であるのかを事細かく調べる事が目的です。そこで、鑑別された結果は家庭裁判所に送られます。二つ目は、在宅鑑別です。

 

これは自宅にて鑑別措置が取られる方法になります。少年が16歳未満の場合、在宅鑑別にて家庭での様子などを事細かく分析されます。その結果に関しましても家庭裁判所へ送られます。三つ目は、依頼鑑別です。これは一般市民団体より依頼を受けて行われる鑑別措置になります。社会一般の少年の教育と育成を図るために行う措置になります。少年が健全な社会生活を送るために行われる措置ですので、大切な仕事であると言えます。これらは、主に法務省が行っています。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。