少年鑑別所と少年院で異なる点

2014.9.10|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

少年鑑別所の目的は、家庭裁判所で少年裁判が始まる前に、対象となる少年を鑑別するための施設です。
性格や非行性を調べ、なぜ少年が非行をしたのか原因や動機などを調査していきます。
医学や心理学などのさまざまな分野から、今後の更生の方法についても話し合われています。

 

少年鑑別所は、非行をした少年を社会から一時的に切り離し見極め、今後を決めるために収容する施設です。
そのため、少年を矯正するための施設ではありませんから、規則もそれほど厳しくありません。
あくまでも一時的に隔離して鑑別する施設なので、縛り付けるような規則はないのです。

 

一方の少年院は、少年鑑別所とは違い少年を矯正させるための施設です。
少年審判で社会での更生が難しいと判断された少年が入る施設で、非行で捕まったからといって、必ず入れられるわけではありません。

 

少年鑑別所は比較的自由でしたが、こちらは矯正をする施設なために規則があります。
規則がある施設と聞くと、イメージ的には児童が入る刑務所と考えるかもしれません。

 

しかし、刑罰を与えるための施設ではなく、あくまでも矯正教育を目的としている施設です。
入ることになっても、前科がつくようなこともありません。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。