年院送致という鑑別結果

2014.9.10|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

未成年者が犯罪を犯したときに、鑑別結果により年院送致が行われる場合があります。これは、具体的に言いますところの少年院送致ということになります。犯罪を犯した少年が少年鑑別所で身体検査や精神科医による分析や面談など詳細な鑑別措置の末に矯正が必要と判断された時に行われる措置です。家庭裁判所で少年に審判が下されます。

 

その結果が、少年院での矯正処置ということになります。必ずしも家庭裁判所での審判が少年院への送致というわけではありませんが、やむなく行われる場合もあります。少年院といいますと、未成年者が収容される刑務所であるとも言えます。今後少年が一般人として社会生活を健全に送ることが出来るようにと、少年院では様々な措置がとられてきました。

 

それは、法律に定められたところによります。現在日本で、未成年者を強制的に収容する事が出来る施設でもあります。そしてそこでは、一般的教育や少年個人に対しての面談や個別相談や規則正しい生活などを再教育されます。はじめに、少年院での心得を教え込まれます。なぜ少年がここに送致されたのかを自覚させる事が大切であるからです。段階をへて、少年は矯正への過程を学んでいく事になります。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。