少年犯罪の更生施設にはどのようなものがあるか

家族01少年犯罪は20才未満の男女が犯した又は犯したとされる犯罪に用いられる言葉です。少年法により成人とは違った措置がとられます。20才未満の中でもさらに細かく分けられ、14才未満は児童相談所へ通告されます。場合により児童相談所経由で家庭裁判所へ送致され、14才以上は家庭裁判所へ送致されます。そして家庭裁判所の審判により、少年院、保護観察、児童自立支援施設の最もふさわしい場所に送られます。

 
少年の更生施設は、犯罪や非行を犯した少年に同じ過ちを繰り返さないために更生させて社会に復帰させることを目的としています。種類として少年刑務所、少年院、少年鑑別所などがあります。更生施設にいる人たちは生活する上で問題があることが多いです。その為、入所者に適した処置をしていきます。薬物に依存している場合は、違法薬物の害を勉強して依存しなくても生活できるように医療機関や福祉機関が協力します。対人関係に問題がある場合は、心理療法士がカウンセリングなどの治療を通して、対人関係の改善を目指します。

 
犯や非行を犯してしまう少年は、家庭に問題がある場合もあります。少年専門の施設で生活を送ることで精神の安定を図ることができ、社会に復帰することができるようになります。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check